#10 肝心なことを聞き落してしまう理由

just_be_youself Jan 07, 2019

先日、久しぶりに

TOEICの公式問題を解いてみました。

リスニングのパート、
「シュールだな…」と思いつつ
会話問題を解いているときに、
今日のテーマにぴったりの例を見つけました。

TOEICに興味がない方も、
リスニング全体の改善のヒントになりますので
ぜひ読んでみてくださいね。

::::::::::::

リスニングのパートは
「質問に対応する答えをつの中から選ぶ」
という問題です。

例えば

Where is the library?

(A) It’s in front of the school.
(B) Next week.
(C) No, he’s not going there.

といった感じの音声が流れ
一番適当だと思う記号を選びます。

ここで流れる音声は
テキストには書かれていません。

音だけが頼りなわけですね。

::::::::::::

先ほどの問題が
リスニングではなく、ペーパーテストであれば
そんなに難しくはないと思います。

Where is the library?

(A) It’s in front of the school.
(B) Next week.
(C) No, he’s not going there.

Where(どこ?)と場所を聞いているのだから
答えは(A)だな、
と、わかる方も多いと思うんですね。

だけど、リスニングだと、間違ってしまう。

なぜだろう?と悔しい思いをしたことは
ありませんか?

::::::::::::

これは、
日本語と英語の構造の違いによる
「リスニング中の集中力の配分」
が原因です。

日本語は、ご存知の通り
大切なことが文の最後にくる言語です。

例えば、

昨日、私は図書館へ行きました。
昨日、私は図書館へ行きませんでした。

というつの文章。

「行った」のか「行かなかった」のか

という、最も肝心なところは
最後まで聞かないとわかりません。

一番最初の

「昨日」

は、どちらかというと、枝葉の情報。
なかったとしても
「話者が図書館へ行った」
ことはわかります。

つまり、日本語は

枝葉の情報から話を始めて
核心的なことは最後に述べられる

という文章構造を持っています。

::::::::::::

それに対して、英語は

I went to the library...

続きを読む
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.