私が国内独学で英語を話せるようになるまで①中学・高校では英語は得意科目(英語力の基礎)

こんにちは、千穂です。

29歳まで英語が話せませんでしたが
初めての海外経験を機に英語をやり直して
紆余曲折を経て
40代半ばから通訳者として活動をしています。

海外留学や海外在住の経験はありません。
英語はほぼ独学です。

「どうしたら英語を話せるようになりますか?」

私が自己紹介をすると
多くの人から
このような質問をいただきます。

「練習すれば、誰でも英語は話せるようになりますよ」

これが私の答えでした。

だけど

何を
どんなふうに
どれくらい

練習するのか?

というのは

人それぞれ、
その人の現在地によって
まちまちです。

そこで、ちょっと
自己紹介も兼ねまして

私自身がどうやって
幾度か挫折も経験しながら
英語を身につけたのかを

具体的な勉強方法・練習方法・時間なども
できるだけ再現しながら
以下の10回に分けて
お話ししてみたいと思います。

中学・高校では英語は得意科目(英語力の基礎)
大学で留年・語学習得に挫折(1回目の挫折)
29歳初海外、仕事でオーストラリアヶ月(上達期1)
帰国後、日本で英語漬けの毎日(上達期2)
英語を使う仕事に抜擢(通訳になる夢に一歩近づく)
退職・通訳学校入学(上達期3)
妊娠・出産・子育て(一旦夢をあきらめ、英語から離れる)
英語スクールへ(英語に再び希望を見出す)
通訳デビュー・慢心・クレーム・衝撃のテスト結果(2回目の挫折)
10 再び通訳学校へ(上達期4)

では早速、第一回目です。

 

中学・高校では英語は得意科目(英語力の基礎)

父と母のこと、海外への憧れ

1971年に人姉妹の長女として生まれた私は、
滋賀県甲賀市で育ちました。

家の裏は山、その奥に大きな池があり
目の前は見渡すばかりの田んぼの中で

子どもの頃は
山や川や田んぼや原っぱで
真っ暗になるまで遊んだ
そんな楽しい思い出ばかりです。

両親はともに
海外に憧れを持っていたようで

父の好きな
エルビス・プレスリーやビートルズ
オールディーズの音楽が
いつも車で流れていたり

進学校に行ったことが自慢だった母は
「家が貧しかったから諦めたけど
できたら、大学に行って
外国語を勉強したかったんよ」
と話してくれたりして

ぼんやりとした”外国”のイメージに
漠然とした憧れを
私も抱いていました。


アメリカ人家族との親交


私が中学生になる頃だったか

近所に
(といっても
車で20分ほどかかる近所ですが)

...

続きを読む
1 2 3
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.