私が国内独学で英語を話せるようになるまで⑤英語を使う仕事に抜擢→人生で一番の孤独な時期→人生を変える決意

こんにちは、千穂です。

しばらくご無沙汰してしまいましたが

シリーズ5回目です。

前回は、

帰国後、日本で英語漬けの毎日(上達期2)

というタイトルで

文法、語彙、英会話力全てが
ほぼ0に戻っていた29歳のときから
英語をやり直して
TOEIC初受験で890点を取るまでの6年間

について、お話ししました。

今回は、その続き

英語を使う仕事に抜擢(通訳になる夢に一歩近づく)

についてお話しします。

───────────────────

1 中学・高校では英語は得意科目(英語力の基礎)
2 大学で留年・語学習得に挫折(1回目の挫折)
3 29歳初海外、仕事でオーストラリア1ヶ月(上達期1)
4 帰国後、日本で英語漬けの毎日(上達期2)
5 英語を使う仕事に抜擢(通訳になる夢に一歩近づく)
6 退職・通訳学校入学(上達期3)
7 妊娠・出産・子育て(一旦夢をあきらめ、英語から離れる)
8 英語スクールへ(英語に再び希望を見出す)
9 通訳デビュー・慢心・クレーム・衝撃のテスト結果(2回目の挫折)
10 再び通訳学校へ(上達期4)

───────────────────

■新たな仕事のチャンス

 

オーストラリア、ドイツ、イタリア、イギリス
メキシコ、ブラジルといった
数々の国での海外公演を含め
様々なことを学んだ劇団・維新派を卒業して

塾講師、家庭教師を続けながら
通訳になる道を探そうと考えていた私でしたが


ウィーンから招聘する
大型ミュージカルの制作スタッフ
というオファーをいただき

ミュージカルに関しても
商業公演制作に関しても全くの素人でしたが

英語を活かせて
大好きな舞台に関われる仕事ということで
思い切って挑戦することにしました。

主要キャストの来日コンサート
ウィーンでの稽古
ニューヨークでの予算会議
日澳のスタッフミーティング

などに全て参加し
ときには通訳もさせてもらいながら

至らぬことばかりでしたが
現場で失敗を重ねながら
たくさんのことを教えていただきました。

そして、この公演がご縁となり
劇場プロデューサーとして
梅田芸術劇場で7年間の間
仕事をさせていただくこととなりました。

 

■再び英語から離れる

 

ウィーンミュージカルの招聘公演では
制作側として
多くの優秀な通訳さんとお仕事をさせていただき

通訳という世界の奥の深さ
英会話を習得する道のりの長さ

を改めて痛感しました。

「ちょっと言葉がわかるだけでは
 仕事として通訳をする水準には
 全く達していない」と

思い知ったのも、この公演でした。

ウィーンのカンパニーが帰った後
梅田芸術劇場の社員として
演劇・ミュージカル公演の制作に
携わっていくことになりますが

当然のことながら
海外案件ばかりではなく
国内でのプロデュース作品やコンサートなど
全く英語を使わない案件も
多く担当することになります。

商業演劇プロデューサーとして
勉強することばかりの私でしたので

必死で業務をこなしていく日々の中で
再び、英語からは遠ざかり
数年が経ちました。

 

■私が本当に役に立てる仕事とは

 

しかし、告白しますと
私は決して「できる制作者」では
ありませんでした。

「人のお世話をする」ということは
とても好きでしたし

舞台や劇場という華やかな場所で
創作、表現活動に関わることは
大きな喜びでしたが

公演を企画し、予算を立て
キャスティングやスタッフィングをして
チケット販売や宣伝プランを考え
稽古に立ち会い
初日を開け
ツアーを回していく

という制作業務が
いくら努力しても、工夫しても
上手くこなせるようにならず

仕事に対する自信を
すっかり失ってしまいました。

上司も同僚も
親身に相談に乗ってくれて
いい方向に向かうように
応援してくれているのに

できないのは、
自分がだめな人間だからだ…

という考えから逃れられず

自律神経失調症になって
仕事にも支障をきたすようになりました。

プライベートでは離婚も経験し
住みなれた大阪から
転勤で東京に来たその頃の私は

ひとりぼっちで
自信を失い
誇りに思えるものが何もなく
その先の人生に希望も持てない

そんな

これまでの人生を振り返ってみても
一番、孤独を感じていた時期でした。

そして
40歳の誕生日を
一人で過ごした私は

人生を変えようと
心に決めました。

誰かを幸せにできる人生を生きたい。
本当に人の役に立てる仕事をしたい。
生きていて嬉しいと毎日思える生活をしたい。

私にできることは何か、を
一生懸命考えて

ただひとつ
希望を見いだすことができたのが

英語でした。

何度も挑戦しようとしては
遠ざかっていった
通訳になりたいという夢。

ひとりぼっちで、
大した貯金もなかった私が
安定した仕事を手放して
一から出直すのは
本当に怖かったけれど

舞台制作者として
維新派、梅田芸術劇場と
合計14年間、一生懸命やってきて
ここまで苦しいのだから

思い切って、退職して

派遣社員として働きながら
通訳学校に通って
通訳者になろう。

そう決心して
再び、英語の勉強を始めました。

 

6 退職・通訳学校入学(上達期3)に続く…

あなたらしい英語を、楽に、楽しく。

無料メールマガジン「Just Be Yourself」にご登録いただくと、「自分らしい英語を、楽に楽しく話すヒント」を2日おきにお届けします。

無料メールマガジンに登録する
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.