#6 カレーを作るとき、何を使いますか?

just_be_yourself Jan 04, 2019

あれ?英語のブログなのに、カレーの話?


と、思われますよね^^


ご安心ください。今日も英語の話です^^

 
::::::::::::

カレーといえば、
「誰もが一度は作ったことのある料理」
ではないでしょうか。

お肉やお野菜を切って、
お鍋で煮込んで…

キッチンさえあれば
どこでも、作ることができますね。

プロの調理場に行けば

お鍋ひとつとっても

寸胴鍋、片手鍋、雪平鍋、
圧力鍋、ソテーパン、親子鍋、
すき焼き鍋、揚げ鍋…

など、様々なお鍋がありますが

一般的なカレーを作るときには

少し深めの、実用的なお鍋がひとつあれば
充分、おいしいカレーができます。

::::::::::::

さて、ここで、英語のお話です。

日本では英語は「受験科目」なので
みなさん、本当に
難しい単語や文法をよくご存知です。

また、学校で
「正しい答えはひとつ」と
教えられてきた経験があり

「正解を出さなければ」と
つい考えてしまって

「簡単な英語」を
気楽な気持ちで口にすることが
なかなかできなくなっています。

たとえるなら

カレーを作ろう、と調理場に入っても

雪平鍋や圧力鍋を眺めて
どれを使ったらいいのか…と悩んで

せっかくの、おいしいカレーを作れない。

 そんな感じではないでしょうか。

それよりは、

実用的で使い勝手のいいお鍋を
上手に使いこなして

カレーだけではなく
様々な料理を作れるようになるほうが
いいですよね。

英語でも、同じです。

中学校の初期に習うような
「基本文法」や「便利な表現」を
使いこなすだけで

さまざまな表現が可能です。

 基本の道具をうまく使いこなして

コミュニケーションを楽しんでいきましょう♫


 ::::::::::::
 
【Today's quote】

Don’t take yesterday up too much of today.
-Will Rogers

過去にとらわれすぎて、今を台なしにしてはいけない。
-ウィル・ロジャース
(アメリカのコメディアン、カウボーイ、俳優)

このところ、
過去と向き合う時間が多くなっています。

自分の中で消化しきれていない
過去の出来事に向き合うと

当時の感情や、後悔などで
いっぱいになってしまいがちですが

過去は過去として
大切に、心の中に居場所をつくって

前を向いて、
今を生きていきたいと思います。

あなたらしい英語を、楽に、楽しく。

無料メールマガジン「Just Be Yourself」にご登録いただくと、「自分らしい英語を、楽に楽しく話すヒント」を2日おきにお届けします。

無料メールマガジンに登録する
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.