#15 かっこよさから自由になる

just_be_yourself Jan 10, 2019

私はずっと

「英語を話すことはかっこいい」

と思っていました。

小さな頃、
父と一緒に洋画を見ているときに

胸を張って
自信に溢れた表情で

「私は私よ。他の人がなんと言っても気にしないわ」

などと言っている
アメリカ人の俳優や女優が
とてもかっこよく見えて

その人たちの操る英語の音が
耳に心地よくて

「英語ってかっこいい…」と
憧れたのでした。

::::::::::::

その「かっこいい英語」は
私にとって
例えていえば

「一流の歌手の、素晴らしい歌」
のようなものでした。

中学、高校では
外国人と直接話す機会もなかったため

学校で習った英語は
ただひたすら、
「素晴らしい歌を歌う技能」を
磨くためのものでした。

その「素晴らしさ、かっこよさ」に
フォーカスが当たっていたため

授業中の発表も
まるで、音楽の授業で
みんなの前で一人、リコーダーを吹くように

「自分の技能を発表している」

といった感じでした。

::::::::::::

しかし、技能ばかりにフォーカスしていた私は
そのうちに

「かっこよくない自分の英語」
直面することになります。

発音がかっこよくない。
文法が間違っていてかっこよくない。
変な表現でかっこよくない。

そう、自分で思い込んで
恥ずかしくなってしまったのです。

::::::::::::

ある日、通訳学校で
先生がふと

「英語って、別に
 かっこよくなくたっていいんだよね」

とおっしゃったことがありました。

その言葉に私が衝撃を受けたのは
きっと、私が
「かっこよさ」から自由になれていなかったからだ、
と思います。

::::::::::::

29歳で英語を再び勉強し始めたころ

当時通っていたNOVAの先生たちや
そのご縁でできた
イギリス人やアメリカ人
オーストラリア人の友達に

次々と覚えた表現を使っては
「通じた!」と嬉しかった気持ち。

自分の英語がかっこいいとかかっこ悪いとか
そんなことを考える隙は
全くありませんでした。

ただただ、
コミュニケーションのツールである
英語を身につけていくことが
楽しくて仕方がなかったのでした。

::::::::::::

 世界中で、
4人に一人が話していると
言われる英語。

17.5億人の英語人口のうち
非ネイティブは13.6億人。

それぞれ、話す英語は千差万別。
ネイティブスピーカーのような
「かっこいい」英語である必要は、
全くありません。

たとえ、単語ひとつであろうと
相手と共通の言語を使って
文化の違う人と
コミュニケーションを取ろうとしている

そのことだけでも、
とっても素晴らしいと
私は思います。

::::::::::::

【Today's quote】
If you can dream it, you can do it.
-Walt Disney

夢見ることができるなら、
あなたはそれを実現できる。
-ウォルト・ディズニー

ディズニーの作った夢の世界へ
足を踏み入れるたびに
この言葉を思い出します。

これをお読みのあなたの夢も、
実現する日が必ず来ます。

応援しています!

あなたらしい英語を、楽に、楽しく。

無料メールマガジン「Just Be Yourself」にご登録いただくと、「自分らしい英語を、楽に楽しく話すヒント」を2日おきにお届けします。

無料メールマガジンに登録する
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.